大怪我をした弟の為にパワーストーンを

願いを叶えてくれる不思議な力を持った石として人気を集めているパワーストーンですが、昔は日本国内ではパワーストーンの存在は中々認知されずにいました。

しかし今では日本国内でもパワーストーンに対する認知度はかなり高まっており、誰かにパワーストーンをプレゼントすれば、これは願いを込めてプレゼントしたものだという事が、ストレートに伝わってくれる様になっています。私には歳が離れている小学生の弟が居るのですが、その弟にパワーストーンをプレゼントした時に、小学生の弟がパワーストーンの事を知っていたので、これは本当に認知度が高まっているのだろうなと思わされました。私が小学生の弟にパワーストーンをプレゼントする事になったのは、弟が小学校の階段から転げ落ちて骨折して入院してしまった事がきっかけでした。階段の一番上の段から転げ落ちた上に、打ち所が悪かったらしく、両手の指を数本折るだけでなく頭蓋骨に大きなヒビが入るぐらいの重傷でした。その話を最初に聞いた時は弟の頭に何か大きな障害が残ってしまうのではないかと、不安になって中々病院から自宅に帰る事が出来ずにいました。結果としては頭に大きな障害が残らずに済んだのですが、サッカークラブに所属していた弟は長期間試合に出られなくなる事を大変悔やんでいたのです。

大事な時期に活躍出来ないと、将来大きなサッカークラブに入れないのではないかと不安に思い、ベッドの上で落ち込み続けているのを見て、このままじゃ弟が精神的に追い詰められてしまうと思い、何か元気付けられるものは無いかと、当時子供だった自分の頭をフル回転させて思い付いたのがパワーストーンでした。こういう時は願うぐらいしか自分には出来ないと思ったのです。弟が好きな色をした石を探し続け、男の子向けのプレゼントですから、可愛く見えるものではなく格好良く見える様なパワーストーンを探してきました。それを受け取った時に一目で弟はパワーストーンだという事が分かったらしく、私が弟の夢が叶う様に祈っているというのも直ぐに分かってくれました。今まで弟にプレゼントなどした事がなかったものですから、どれだけ私が真剣に心配しているか弟も分かってくれた様です。落ち込んでいてはいけないと思ったのか、それからは弟も少しずつ元気を出してくれて、有名なサッカー選手だって大怪我を経験してる人が多いんだから、自分も大丈夫な筈だとパワーストーンに願いを込めて回復を願っていました。今では弟はすっかり回復して毎日サッカーの練習を続けられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です