エンドロールはみんなで作り上げる最高の演出です。

エンドロールとは、映画などの終わりにスタッフや出演者などの名前を順番に並べて流す映像演出の事です。結婚式の時には、披露宴がお開きとなり、新郎新婦が退場しゲストをお見送りする準備が整うまでの間に流す事が多く、参列してくださったゲストお一人お一人のお名前や新郎新婦からのお礼の言葉などに合わせ、赤ちゃんの頃の写真や思い出の写真、結婚式の準備の様子や結婚式当日のメイク中の様子や挙式が始まるまでのゲストの様子、直前まで行われていた挙式や披露宴の様子などの映像を流す事ができます。エンドロールとは、結婚式に参列して下さったゲストのみなさんに感謝の気持ちを届ける事ができ、ゲストのみなさんにとっても新郎新婦にとっても、最高の思い出のひとつとなる演出で、みんなの心がひとつになりみんなで作り上げる最高の演出です。

自作した結婚式のエンドロール

結婚式の映像は節約になるので結婚式のエンドロールは自作しました。使ったソフトはウィンドウズにもとから入っているムービーメーカーで、有名アニメのパロディ風にして作りました。内容は参列してくださったゲストの写真と一緒にゲストへの一言メッセージを入れるようにしました。ゲストのが写っている写真を見つけたり、登場回数を数えたり、メッセージは被らないようにしたりといろいろ大変ですが、喜んでくれる人が多くて良かったです。友人の結婚式ではテーブル席ごとにメッセージが流れることもよくありました。友人へ感謝の気持ちを伝える機会はなかなかないですし、ゲストとしては写真とメッセージがあれば絶対に嬉しいと思います。何事も最後が肝心です。これからエンドロールを考える方は花やテーブルクロスなどより一生懸命真剣に考えたほうがいいと思います。

ラストを飾るエンドロールは大事

最近の結婚式や披露宴の流れだと、新郎新婦の事をよりよく知ってもらうため、オープニングムービー、プロフィールムービー、そしてエンドロールといった映像を流して感動的に演出しようという傾向にあります。特にエンドロールはラストを飾る非常に大切なものなので、ここで失敗するととても残念ですよね・・・。質の高い作品を作りましょう。多分業者に依頼すると思いますが、業者はよく選びましょう。腕のいいカメラマンや編集者を選ばないと、後で後悔します。値段も大事ですが、質も大事なのです。前もって打ち合わせをしっかりしておきましょう。ちなみに映像は腕に自信があるなら自分で作ってももちろんいいです。ではどんな映像を作るかというと、例えばこれまでお世話になった方々のお名前をお礼のコメントとともに流したり、親しい友人からのメッセージを入れたりします。感謝の気持ちがしっかり伝わるようにしましょう。また何かお知らせがあれば入れても構いません。ゲストの方に来て良かったと思われるような、素敵なエンドロールを作りましょう。