開店祝いに花を贈ることについて

開店したばかりのお店、その店頭は宣伝の意味も込めて、是非とも華やかに飾りたいものです。そういった意味で、開店祝いに花を贈るのは非常に効果的であり、受け取る側も嬉しい贈り物と言えるかもしれません。しかし、花、もしくはそれを使用した飾りであれば何でも、どんなものでも良いと言うわけにはいきません。開店する店がどんな雰囲気であるのか、それを事前に知っておく必要があります。お客様が来られるお店なのですから、その雰囲気を壊すようなものを贈ってしまっては台無しです。ですからお店のコンセプトなども合わせて知っておくと、よりそのお店の雰囲気に合ったものを贈ることができます。開店する店のオーナーさんなどと親しい関係であれば、あらかじめそれらについて聞いておくと良いです。また開店する情報や、その日付などについて事前に知ることができたのであれば、やはり、その日にきちんと祝意を示すことが社会人としてのマナーです。そのためにも、早め、早めに花屋などに発注をかけておくのも重要なことです。遠方であれば宅配を利用するのは致し方ないことですが、近場であれば、当日に購入をして、自ら出向いて渡すと言うのも良いかもしれません。ただしこの際にも、相手方にその旨を伝えておくことがマナーです。

開店祝いの花に適したもの

お祝いを送る側のマナーという言葉。最近気になっているワードです。その中でも目にしたのが開店祝いに贈る花はどのような物が適しているのか、というものです。これにもマナーがあり、ただやみくもに贈れば良いというものではなさそうです。やはり贈られた側に喜んでもらえる、気持ち良く飾ってもらえるということが大前提になります。そのためには、相手側のお店のジャンルやお店の規模などを事前にリサーチしておく必要があるという事を知りました。飲食店や医療関係などは匂いのキツイものは避ける方が良いし、火をイメージさせるものも避けるべきです。また、金額の相場も考慮しなくてはなどと考えると迷ってしまうことも多そうです。そのような時はショップの店員さんに相談すると良いのかもしれません。いずれにせよ、お祝いなので双方が良い気分でいることが大事です。

開店祝いのお花は嬉しいです。

私自身2度の経験がありますが、開店祝いで頂いたお花は華やかなのでとても嬉しいものです。お店の外に出す大きな盛り花は近所の方にお持ち帰りいただいても、とても喜ばれます。最近は差し上げやすい様になのか切った茎の長さがとても長くてお客様に持たせるのでも差し上げやすくなった気がします。以前のはもっと茎が短かった印象があります。お店の中に入れる盛かごや鉢植えもやはりとても嬉しいです。特に蘭などお祝いによく使いますが、とても豪華な上に長く咲いているので値段が多少高くてもその分ありそうです。香りのする物は場所を選びますので避けた方が良いかもしれませんが、お花は頂いて悪い気がする人はあまりいないのではないでしょうか。特に女性は嬉しいはずです。私も開店祝いを贈る時は贈られる側の顔と置く場所を想像しながら似合ったものを贈るようにしています。

開店・移転などのお祝い花をお探しなら、東京の花屋リンクフローリストにお任せ。 当店の対象エリアは全国各地で、全国どこにでも送料無料で産地直送の新鮮なお花をお届けすることができます。 全国翌日配送OKです! 当社はリーズナブル派からこだわり派まで、満足できる品ぞろえを用意しているので、特別料金のオーダーメイドもできます。 都内一部地域では当日配送も可能。全国翌日配送も承ります。 開店祝いのお花の相談ならリンクフローリスト